■ 丸善薬局 ■ 健康 * 骨・ミネラル ||||||
目のトラブル セキ・ゼンソク・風邪 体力アップ 骨・ミネラル 胃腸・肝臓 関節のトラブル
脳の老化が気になる 血糖値が気になる 血管・心臓 自律神経 免疫 オシッコのトラブル
ダイエット

■ 健康・骨/ミネラル ■

[お問い合わせフォーム] [ワード検索画面は、こちらから]

※管理者より、随時最新データが書き込まれます。


[1] なぜ、骨量が減少するのか?    投稿者:スタッフ宇野    投稿日:2003/11/09(Sun) 09:27

 骨の構成成分であるカルシウムは、食事によって摂取され、腸で吸収されて血液中に入り、骨に運ばれ骨が作られます(骨形成)。その一方で、骨はしなやかさを保つために、古くなった骨の成分を壊し(骨吸収、骨破壊)、新陳代謝を行っています。
 また、からだの中のカルシウムの約1%は骨や歯以外の細胞や血液中に存在して、神経や筋肉の興奮、あるいは血液凝固(血を固める働き)などで非常に重要な役割を果しています。そのため、血液中のカルシウムが足らなくなると、不足分を骨のカルシウムで補うことになります(骨吸収、骨破壊)。
 このように、骨はからだを支える他に、カルシウムの貯蔵庫としての役割を担い、骨は作られる一方で絶えず破壊を繰り返しています。骨量の減少は、このような骨形成、骨吸収のバランスが崩れた結果なのです。

[Web管理者専用画面]